カジノは邪悪な場所、という見方が消え、近い将来公認されるのか!?

FrontPage

カジノは日本で公認され、合法化されるか? 

海外には多くのカジノがありますが将来、日本にもできるのだろうか?

カジノの語源と現状

語源

イタリア語(Casino)は、ギャンブルを行う施設の一つ。ルーレットスロットマシン''などの機器を使って、金銭を賭けてゲームをする場所、賭博場のこと。語源は離宮あるいは屋敷を指す「Casa」に縮小の語尾「-ino」が付いたものです。本来はダンスなども出来る娯楽場であった。

カジノの現状

~公認カジノのできるのか~

  • ある証券アナリストは、「日本では、20年前とは異なり、最近は『カジノは邪悪な場所』という見方が消えた」と語っています。
  • シンガポールやマカオなど、過去数年の間にアジア全域で合法化が進む中、日本でも数年以内に合法化されるだろうと予測する。
  • ラスベガスのサンズ(Las Vegas Sands)やハラーズ(Harrah’s Entertainment)といったところが大手が、セガサミーやコナミ、アルゼといった日本企業と提携した形でのものを含む巨大エンターテインメント施設を建設することもありうると、専門家らは見ています。
  • いろいろな種類のギャンブルが遊べるスポットなわけだが、残念ながら今は公認の場はない、石原都知事がカジノ合法化のために動いているという話もある、いつか国内にもできるかも知れない。
    しかし、現代ではジェット機で一っ飛びすればこうした娯楽施設も自由な外国の地だ。

本場で有名なところは

  • 娯楽施設と言えばラスベガスだ。華やかで娯楽の町そのものがラスベガス カジノである。それは楽しむもので一色です。
  • ホテルにカジノがあり、ホテルが営業しているとも言えます。これらに宿泊すれば、当然、すぐに遊ぶことができます。
    空港のロビーにもあるくらいですから・・・・
  • ヨーロッパとは違い少なくともラスベガスのカジノにおいては、Tシャツ、ジーパン、タンクトップ、なんでも OKだ。ただし裸や裸足は注意されることがあります。
  • トロピカーナホテルのようにプールで水着を着たまま、水中でプレーできるようになっているところもあります。

イカサマの存在を信じる日本人観光客

  • 今でも多くの日本人観光客が、「絶対になにか仕掛けがある。だから勝てないようにできている」 と考えている。
    じつにナンセンスな話だが、そのように考えること自体がいかにも日本的発想といえなくもない。
  • 日本ではギャンブルは常に 「裏街道」的な陰の存在だったため、それにかかわる関係者も当然、アウトロー的な者が多かった。
    そのため、日本の賭博には常にイカサマ的行為が多かれ少なかれ存在していたことは否定しがたい事実であった。

遊戯場として楽しむ

~ラスベガスに来たら、とにかくトライしてみよう~

  • カジノ=ラスベガス。ここまでやって来て本場のカジノを楽しまない手はないだろう。
  • あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものです。
  • ところが残念なことにこうしたものにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、気持ちの奥には「ギャンブルは罪悪だ」、「絶対に勝てないように仕掛けられている」、「どんなに少額でもカジノで金を使うのはバカバカしい」など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスを自ら放棄してしまっている人が少なからずいるからでしょう。
  • もちろんやるやらないは個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに押しつけている反面教師も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって大変迷惑なことである。
  • とにかく本場に来てギャンブルをやらないということは、ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。

ラスベガス関連通販ショップカタログ

***ラスベガスに関する商品通販カタログ***

こうした娯楽施設に初めてはいる!

  • 娯楽施設に入ったら、まずは現金をチップに替える必要があるが、これは入り口のカウンターあるいは入り口に近いところでできるはずだ。
  • 娯楽施設にはしばしば、年齢規制があり、20歳未満、つまり21歳以上でないと遊べない、場合が多い。
  • これには地域や娯楽施設によって異なり、韓国のパラダイス・ウォーカーヒルカジノ(韓国ソウル初の政府公認娯楽施設)では19歳以上でないと遊べない。
  • 初心者のうちは、なるべく掛け金の安いテーブルで小さく遊んだ方がいいだろう。

ゲームの種類

  • 通常、カジノで遊べるゲームはラスベガスや他のカジノ遊興地でもカードゲームサイコロゲームルーレットスロットマシーンなどである。
  • カードゲームのメインは「ブラックジャック」、「ポーカー」、「バカラ」だろう。

遊ぶ際の注意点

  • 注意しなければならないのは服装である。ラスベガスのような観光地の娯楽施設ではジーンズにTシャツでも入れるが、ヨーロッパなどの格調高いカジノでは正装していないと入れない場合がある。
  • 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はまったくない。罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 である。
  • ギャンブル自体は単なるエンターテーメントとしてとらえられている。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。
  • 一方日本では、ギャンブルという言葉そのものに何か暗いイメージがあり、ギャンブルをたしなむこと自体が常に反社会的な行為として見られている。
  • 昔から勤勉に働いて収入を得て、そうして得た金を本当に必要な物にだけ使い、残りは大切に貯蓄する、そのような価値観が美徳とされてきたためか、労せずして大金を得たり、無意味に金を失うようなギャンブルに拒絶反応を示す傾向がある。

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional